新コロ禍での新四年生

2020年4月、新小学四年生です。

市進学院も3月から休講となりました。休講発表があってから2日後くらいには、映像授業のお知らせがあり、映像での家庭学習が始まりました。
スピード感のある対応で予想外に良いなと思っていたのですが、退塾する会員を引き留めるには必要なことなんだろうと思っていたくらいでした。

他の大手塾も同様のことをしていると思いきや、3月は通常通りの集合授業を行なっているところも少なくありませんでした。

首都圏の塾の教室は狭くて三密状態は避けられないと思うのですが、休講にしないのは学習進度が遅れて受験時に影響が出てしまうことを危惧してのことと思います。通常通りを望む保護者も、休講を望む保護者もいる状況で、なかなか休講を決断できないのもわかります。

しかし、たかが受験勉強です。

感染する危険をお互いに感じてでも、今やらなければならないことなどないと思っている私からしてみれば、集団授業はリスクが大きすぎます。早めに在宅授業に切り替える市進学院の対応は総じて満足できるものでした。

受験で思うような成果を得られない会員が多く出るという塾の不安と不確かな予想より、いま塾で感染が広がった場合のリスクを懸念するほうが、塾経営にとっても会員にとっても自然なことではないでしょうか。

さらに言えば、この状況下で集団授業を続けることは、三密状態で勉強に邁進することが感染症と戦うことよりも大切なのだ、という判断基準を子どもに与えてしまうことに他なりません。

新型コロナウィルスは禍であるには違いありませんが、現在のような解決困難な社会問題を子どもの記憶に残すことは絶対に必要でしょう。いまの状況と課題を子どもの年齢にあわせて、自らも考えさせるような体験は無駄ではないと思います。

答えが見つからない難問に挑む姿勢を身につけるための受験勉強ではなかったのか。規定の問題さえ解ければ受験突破できる、突破しさえすれば成功と考える、短絡的な教育姿勢だけでは塾といえども寂しすぎるのです。

と、私が余裕ぶって語っても、やはりまだ四年生だから言えることと受け止められてしまうかもしれません。受験が迫っている六年生の親からしてみれば、先の見えない塾の休講は、10か月後の受験に影響を及ぼさないはずはないと考えるでしょう。不安に感じて当然とも思います。特に他の塾が開講していて自分の塾が在宅授業のみであったなら、、、。緊急事態宣言の後は、首都圏では休業要請が出ているので休講していると思いますが、自分だけが不利になるのではないかという不安もよぎるでしょう。

しかし、本当にそうなのか。今はまだ材料不足で考えもまとまりませんが、集合授業が最良であったと断言はできないし、受験そのものへの影響について予測するのは、全く予測の域を出ないのではないかと思っています。

ウィルスの全貌が解明されていない段階では、塾や親は子どもの健康を守ることを第一の役目と考え、学校休校という稀な経験をしている子ども達の価値観形成にも影響する判断を間違えてはいけないのです。

3月半ばでいったん市進学院も授業を再開し春期講習に入ったのですが、4月に入った途端、再び休講となりました。首都圏の緊急事態宣言が正式に出されるより前に休講の連絡が来ていましたので、これも納得がいくものでした。

映像授業の大きな課題はまだあります。国語は読み物の著作権保護から、3月は映像授業ができませんでした。4月半ばからは双方向オンラインでの授業となり、国語の在宅授業も可能になるそうです。

オンライン授業がどのような推移をたどるのかはまた次回に。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中