2月からの塾が決まりました

小3の11月です。9月に最寄駅にある市進学院の体験授業を受け、今月、「伸びる力診断テト」を受けました。2月からはこの塾で受験勉強をスタートさせようと思っています。

体験授業では、「同じ教室の子ができない問題も自分はできた」と言って、機嫌よく帰って来ました。 家から通いやすく新しいビルの明るい教室は、子どもも気に入ったようです。
「伸びる力診断テスト」も国語は全問回答して、まずまずの成績でした。
算数は以前見られた計算ミスが一つもなくなり、応用問題をある程度手をつけられて、本人は納得いく結果となりました。
問題数はサピックス入室テストと比べて少なめで、難易度も低めになっているかなと私は感じました。

市進学院は対象が中学、高校生がメインの印象ですし、特に千葉以外では中学受験で注目される塾ではないと思いますが、家から通いやすいことと子どもが気に入ったことが入塾の決め手です。

拘束時間が他よりかなり短いことが、今の息子には合っていると思います。
おそらく演習の時間が少ないので、家庭学習をかなり親が指揮監督しないと、偏差値上位の学校を目指すことは難しいんだろうなぁと思います。

サピックスの夏期講習が楽しかった息子ですが、しばらくは好きな将棋に時間を使いたいので、通塾に時間がかかるサピックス通いは合わないと判断しました。

以前はサピックスを推していた夫も、子どもが楽しく通える塾が近くにあるならそれでいいという気持ちに変わったのでしょうか。真相は不明ですが、市進学院に通うことに異論は唱えませんでした。

小学生で自ら勉強に打ち込んで、一番でないと気がすまないような子どももいると思いますし、親に言われてからだとしてもきちんとこなせる子どもなら、塾選びなどで悩むことはないでしょう。あとは、住む場所が辺鄙であることも大きかったかな。

四谷大塚の全国統一小学生テストの上位になるような子どもなら、間違いなく学力は飛び抜けていますから、どこの塾に行こうと心配ないと思います。中学受験は努力できる性格と生まれ持った頭脳がものを言うと思っているので、どちらも持っていない平凡な我が家の息子には、中学生以降に飛躍することを期待!です。「待てば海路の日和あり」がこれからの受験生の親としてのモットーかな。

市進学院は先生方の面倒見がよいと言われていますので、入塾後にまた書いていきたいと思います。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中