麻布学園 文化祭 2019

先週に引き続き、今度は麻布中学高等学校の文化祭に行ってきました。

この日も午前中は将棋教室があったため午後からの参加となりました。毎年かなり混雑すると言う事だったので、覚悟していきましたが、あまりの人の多さに目的の部屋を見つけるのにも一苦労ですし、廊下も常に立ち止まらないようにとアナウンスされるほど混雑していました。
敷地が狭い上に多くの人が家族連れで来校しているため、ゆっくり展示を見て回ることが難しいです。
女子中高生同士の来校も目立ち、都心の学校らしい賑わいでした。
志望校になるかどうかはともかく、今回の訪問の主目的は将棋部での対局です。
1部屋での設定でしたが、部屋全体が人で満杯でした。将棋部員がたくさん立ったまま指しており、少しの待ち時間で対局できました。
ひっきりなしにやってくる人を相手に立ったままの対局は、さぞ疲れるでしょう。その頑張る姿は中々立派です。

子どもは最初の相手には角落ち(ハンディの種類で、相手にハンディを付けてもらうこと)で勝ち、2局目の相手には飛車角落ちで負けでした。2局目は昨年の文部科学大臣杯団体戦の全国大会で準優勝のメンバーでした。子どもは楽しめたようで、満足して帰途に着きました。時間はまだまだありましたが、混雑し過ぎていて親子とも疲れてしまったので。
学校の設備はどこも見学できずじまいです。
ここに一学年300名も通っているかと思うと、環境面では少しかわいそうな感じもします。けれど、超難関校に通うとなればそんな点は気にならないものなのでしょうか。

将棋部の部誌を100円で購入したのですが、内容が将棋だけでなく読み物風の記事もあって楽しめました。文才豊かな麻布生という私の先入観がすこしだけ裏付けられた気もしました。高校の時に自分をさらけ出した文章を書けるのはさすがです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中