桐朋学園 文化祭 2019

四谷大塚のサイトにある、学校行事カレンダーをみて、今年2019年度に参加できそうな学校行事をピックアップして手帳に書き込みました。

学校説明会や見学会は予約が必要なものが多く、1ヵ月前位にならないと予約開始にならないものが多いのですが、文化祭は自由参加なので、3年後に志望校になるかもしれないと考えられる学校を幅広く、今年回れるだけ回ろうと思っています。

文化祭では十校、見学会や説明会は四校ほど予定に入れました。

早速6月8日、桐朋学園の文化祭に行ってきました。午前中は学校があったので、午後から出かけたのですが途中一ツ橋大学の学園祭などにも寄ったりしたため到着が遅くなり、2時半ごろから駆け足で回るはめに。

それでも、鉄研、電子工作部、将棋部、地学部、吹奏楽発表を見ることができました。校舎は建て替えられてから間もないため新しく、敷地も広いのでゆったりとした作りになっています。

まずホールで吹奏楽部の発表を1曲だけ聞きました。このホールで吹奏楽の練習ができるなら、とても恵まれた環境だと思いました。実際は不明ですが。

目的の将棋部への訪問も果たしました。はじめての学園祭だったので手合いを特に言わなかったら、4枚落ちとされてあっさり勝ち、そこで時間が来てしまったので子どもは物足りない様子でした。隣の教室も将棋部でそちらは10名ほどが対局していました。

地学部の太陽観測室や天文台も見学したのですが、設備はもとより説明してくれた高校生の対応がとても丁寧でフレンドリーでよかったです。 この日、雨予報は外れ、望遠鏡を出すことができて賑わっていました。観測した結果をプラネタリウムのプログラムにして上映したりしていると言うお話でしたが、時間がなくてプラネタリウムは見られませんでした。

電子工作部では、ボーリングやプリンターを改造した射的なども楽しみました。

また来年行ってみたいです。広く綺麗で居心地よいので、大人も楽しめる文化祭でした。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中