中学受験を決めたわけ

夫も中学受験は未経験ですが、もともと教育には熱心?(実際は私まかせ)なので、より良い教育が受けられるのであれば、当然そこを目指すべきだと言う考え方の持ち主です。東京に住んでいる限り、通える範囲に多くの私立中高一貫校があり、受験しない選択はないと言うのです。

私も大学入学前までの6年間のカリキュラムが決まっていることに、親としてまず少し安心するとともに、学習意欲の高いクラスメイトと触れ合える環境を望んでいるので、受験には前向きに取り組みたいと思っています。以前書いたような、中学受験に対する不条理も受け止めながら、中学入学以降に意欲的に学べる環境を選ぶということを一番の目的としています。

中学受験をさせたい親の意向はこんな感じで、以下は決めた後の色々なモヤモヤについてです。

公立より経済的負担が大きいと言う話については、「一人っ子なのだから、それくらいは覚悟してるよ」と。大体このくらいの費用がかかる、とデータをもとに私が話すと、特にその金額には突っ込んで聞いてくることもなく、「そうなんだ。」と一言。必要であればそれに合わせて用意するけれど、どうやって工面するかの手段については、なんとかなるよという考えなので、やはり少し不安です。

それなら子ども本人の意向はどういう風に考えているの?と聞くと、「受験して得られるメリットについて少しずつ話していけばいいよ」といいます。私も小学低学年の息子に向かって、中高一貫校の良さについては事細かく話しても理解してもらえるとは思っていないので、それとなく、「いろいろな学校があって6年間同じ仲間たちと勉強したり部活動やったり遊んだりいろいろな深いお付き合いができるんだよー」というような話をして、子供が興味を示すように仕向けていくと言う方向で良いのではないかと思っています。

肝心の志望校選びについては、夫は「最初は最難関のレベルの学校を目指し、目標は常に高く」と言う考えの持ち主なので、息子が実際どの程度の学力になるのか等はひとまず考えずに、まずは最難関を目指していくべきだと言うような話の方向になってしまうので、今話をしても意味ないなーと感じています。そのときが来れば決まるのでしょうけれど。

夫の言う最難関とは、いわゆる偏差値が高い上から順の数校ということであって、カリキュラムや校風を知らずに発言しています。そして、当然ながら塾もレベルの高い子供が集まる塾に多少遠くても行かせるべきだ、という考え方です。

夫の考えを優先させた場合、5、6年生のハードな塾通いのスケジュールは一層過酷となりそうで、十分な睡眠時間を確保して精神的なゆとりある子供生活を送ってほしいと思う母の願いとは相入れない方向になります。夫からは、距離を優先して塾を決めるなど、とても信じられないと言われ、二人の間には険悪なムードが漂います。

そんなところで、まだ塾には通わせていませんが、この秋から塾について調べ始めました。